豊富な水源に恵まれた宮崎県産のうなぎ

大隈地方では、年間を通じて雨量の多い霧島山系。その山麓から湧き出る豊富な地下水は、シラス台地と呼ばれる地盤でろ過され、ミネラルを多く含む天然の地下水となり湧き出します。また、宮崎平野に湧き出る豊富で純粋な地下水は、うなぎの養殖において質の高いうなぎを育てるのです。鷲洋では宮崎県の大森淡水様のご協力により「うなぎおこわ」に適したサイズ、品質のうなぎを常に提供していただいております。

沖合養殖で育てられた三重県産の真鯛

三重県南部に位置し、面積の90%は山林、海岸はリアス式海岸である。非常に雨が多く、黒潮の流れる熊野灘に面し、背後を山に囲まれてまさに陸の孤島と呼ばれるような所です。漁業はもちろん、尾鷲ヒノキに代表される林業が江戸時代より有名です。その黒潮に育まれた温暖な地を背景に沖合養殖(沖合の良質な潮の中での養殖)で、自慢の真鯛を丹精込めて育てています。

シルクのように輝く兵庫県産キヌヒカリ

主に関西で栽培されているキヌヒカリは、コシヒカリ程の粘りはなくさっぱりした口当たりのお米です。炊き上がりの輝きがシルクのように輝いているという特徴からキヌヒカリと名づけられました。鷲洋の鯛めしやうなぎめしには、兵庫県産のキヌヒカリを使用しています。

佐賀県の肥沃な大地で育ったヒヨクモチ

ヒヨクモチは、もち米本来の風味が詰まった「もち米の中のもち米」です。粘りが強く、もちもち感も抜群で、炊いても硬くなりにくく、おもちはもちろん、おこわや赤飯、あられなど様々な商品に利用されています。鷲洋では佐賀県産のヒヨクモチを使用し、うなぎおこわや鯛おこわを作っています。

0597-22-6348

〒519-3671 三重県尾鷲市矢浜4-2-2

〒519-3671 三重県尾鷲市矢浜4-2-2

0597-22-6348(代)
営業時間

9:00~17:00

定休日

日曜日・祝日

駐車場

有り